ダイレクト文藝マガジン

個人出版ゲリラのための戦う電子書籍メルマガ

カテゴリ: おしらせ

先週末から行っている無料キャンペーンも今日が最後。
おそらく、あと数時間で終了します。


ダイレクト文藝マガジン 004号 新連載 山田佳江『電子の灯す物語』 文芸特集号ダイレクト文藝マガジン 004号 新連載 山田佳江『電子の灯す物語』 文芸特集号
著者:佐藤 拓史
販売元:焚書刊行会
(2013-02-08)
販売元:Amazon.co.jp
ダイレクト文藝マガジン 005号 「DRMフリーのKindle本を、家族や友人と貸し借りする方法」ダイレクト文藝マガジン 005号 「DRMフリーのKindle本を、家族や友人と貸し借りする方法」
著者:澤 俊之
販売元:焚書刊行会
(2013-02-14)
販売元:Amazon.co.jp


急げ!

ダイレクト文藝マガジン 001号 「個人出版ゲリラのための戦う電子書籍メルマガ」ダイレクト文藝マガジン 001号 「個人出版ゲリラのための戦う電子書籍メルマガ」
著者:佐々木 大輔
販売元:焚書刊行会
(2013-01-17)
販売元:Amazon.co.jp


試行錯誤しながらの出発です。

キーワードは「ダイレクト」。

商業誌はもちろん、同人誌での出版経験さえもたなかった人々が、
電子書籍をきっかけに本を出しはじめ、しかも、あたらしい読者を着実に獲得しはじめています――。

執筆・編集・デザイン・プロモーションといったすべての工程に直接関わり、
スマートフォン・タブレット・電子書籍リーダーを通じて読者に直接届けることができ、
そのフィードバックを直接受け取って次の創作に活かす。

この循環をダイレクトに、かつスピーディに行えるあたらしい出版の可能性にいち早く気付き、
その魅力にとり憑かれた人々が、あたらしい「文藝」の世界を拓こうとしています。

KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)で、いま起こっているムーブメントの価値の源泉は、
個人(自己)で出版するかどうかではなく、中間をはさまずにダイレクトに出版できるかどうか、というところにあります。

ダイレクト文藝マガジンは、ダイレクト出版であたらしい文藝を拓こうとする人々を応援するためのメディアです。

(発行人・佐々木大輔)

このページのトップヘ